平成25年・26年度都
市農村交流等対策推進交付金(都市農村共生・対流総合対策交付金)事業について
農林水産省からの助成を受け、都市農村共生・対流総合対策事業をしています
  • 伊東市の海を利用し、自然の中での活動を通して、地元漁業者の船舶の利用(高齢者 漁業者問題の解決)や次世代を担う漁業者に直接的事業でなく地元の海を利 用し安定した収益を確保できるような事業環境を作り出すことを目的とする。
  • 子ども達の「生きる力」を育てることを目的とした事業、障がい者セラピーや高齢者健康維持(回復)を含めた事業も目的する。
  • 海洋環境における事業展開では安全を確保することが重要な問題であることから、安全対策要員としてボランティアの育成が重要であり、ボランティア育成が子ど も達へのグリーン・ツーリズムの浸透にもつなることを目的とする。
  • 観光を活性化することにより、地域全体の活性化、水産物利用の活性化を目的とする。
  • 子ども農山漁村交流
  • 地域資源の活用やボランティアを取り込んだグリーン・ツーリズム

協議会の開催 → 活動報告へリンク

漁村活性化プログラム実践活動と目的 → 活動報告へリンク

copyright(c)2009 体験活動研究会 All rights reserved.